目の色が違うだけで相手から見ると幻想的でとてもかっこいいですよね。片方ずつ違う色にしても面白いですしね。まぁ、あまりいませんが(笑)

カラコン

目の色が違うとかっこいいよね♪

最近カラーコンタクトを使う人って増えましたよね。

通販なら気に入った色を探したり、通院して待たされる事もないので
気軽に利用が出来てとっても便利♪
毎日使うものだから出来るだけ安く、そして眼科に行く時間を節約したいもの。

でも通販でコンタクトを買う前にちょっと注意!

コンタクトを眼科医師の処方箋や診断なしに購入するのはとってもキケン。

こちらのサイトでは眼科の定期検診(3~6ヶ月に1回)を受けて
眼科医の装用指導を受ける事を勧めています。

眼科に行かず、自分の判断で安易に「安い」と言う理由だけで
コンタクトを選ばず、安全にそして出来るだけ安いコンタクトを選んでいきましょう。

カラコンの困ったところ

私は社会人になって初めてカラコンを使いだしました。コンタクトレンズ自体初めて使うものだったので緊張していました。 カラコンといってもちゃんと眼科で検査を受けて、処方をしてもらったもので淵がある黒目の大きくなるものを選びました。 つけるのも初めてなので看護婦さんに手とり足とり教えてもらいました。 まず驚いたのがカラコンにも表裏があるという事でした。少しレンズの淵がお椀型になっていたら表ですと説明されましたが私にはどちらも区別がつきませんでした。 つけてみると困ったことに横に急に眼球を動かすと少しずれて瞳が二つあるように見えました。これはつけているのがすぐにばれてしまうと感じました。 普通のコンタクトレンズならそんなにズレても目立たないと思うけれど私の淵に色があるカラコンはずれるとすぐにバレるのでとても嫌でした。 なので絶対に急に眼球を横に向けないように心がけるようにしました。私の眼球にこのカラコンが合ってないのかわかりませんでしたがズレは絶対に起こりました。普通にしていたらそうでもないのにみんなそうなのかがすごく気になりました。 他にも感想はやっぱりコンタクトレンズだからかするのかなと感じました。最初の時はそれが怖くて目の乾燥を防ぐどろってした目薬をしょっちゅうさしていました。 慣れてくるとほとんどしなくても大丈夫になりましたが、最初はその乾燥になれなくて大変でした。 コツさえつかめば難なく使いこなせるアイテムです。

コンタクトレンズが乾燥することに要注意!

私は1日使い捨てのコンタクトレンズを使っています。 仕事柄長時間パソコンを使っているので、どうしても目が乾いてくるんですよね。 集中しすぎて瞬きの回数が減ってしまうのが一番の原因だと思います。 なるべく意識して瞬きをするようにはしていますが、ついつい忘れてしまうんですよね。 そんなときは時々目を数十秒閉じて、涙を十分に行き渡らせるようにするとだいぶ違ってくると思います。 風の強い日や、冷房がきいている部屋などでも、コンタクトの乾きは気になってきます。 どうしても目が乾いて不快なときは、目薬で対処しています。 1日使い捨てコンタクトレンズだと、一度外したらもうつけて駄目だというのも結構困りますね。 ゴミが入ってしまってどうしても取れないときなどは、仕方なく外してしまうのですが また新しいコンタクトを使わないといけないのでもったいないなぁと思うことがあります。 それと、どうしても眠くて昼寝やうたた寝をしたいときも困りものです。 以前つけたまま眠ってしまったことがあったのですが、起きたときに目に張り付いてしまって痛くて大変でした。 寝ている間は、涙が分泌されないので目にぴったりと張り付いてしまうそうです。 張り付いたときは無理に外そうとせず、一度目薬をさして十分潤ってから外したほうがいいと思います。 私はそれで一度眼科を受診するはめに・・・。無理に外して、黒めに傷が付いてしまったのです。 快適なコンタクト生活を送るために、使用法、使用時間などはきちんと守ることが大切だと思います。

お風呂でしている血行が良くなる健康法

"私はお風呂にゆっくり浸かるのが好きです。
ストレスも取れますし、とても気分が良くなります。
それでシャワーで済ましてしまうということはなく、一年中必ずお風呂に入っています。

よくお風呂で半身浴をすると健康によいといわれます。
血行がよくなるだけでなく、ダイエットにも効き目があるそうです。
私も何度か試しました。
でも肩まで浸かる習慣があるせいか、半身浴だと寒い気がして続きませんでした。

そこで自分が考えた方法を実践しています。
もしかしたら誰でもやっているのかも知れないけど、一応自分なりに考えたのがこれです。
それは、お風呂から出る前に温まりますが、それを一回で終わらせないということです。
ゆったり浸かってから、洗い場に出て、しばらくしてからまた浸かるのです。

どうしても一度体が冷えてしまう感じがしますが、寒いと感じないうちにまた入るので大丈夫です。
入って出て入ってと繰り返すことで、メリハリがつき、より血行が良くなる気がします。
実際にとても気持ちがいいです。

誰かに聞いた方法ではないので確信はありませんが、この方法を続けているおかげで風邪を引きにくくなったと思います。
大した手間でもないので、ぜひ皆さんにおすすめしたいと思っています。"

季節の変わり目、肌や体調の変化に要注意です

"季節の変わり目になると、必ずと言っていいほど毎回肌と体調が悪化します。
肌に関しては、いつも使っているスキンケア商品でも急に合わなくなります。洗顔後、赤みと湿疹が出て、ひどいときはかゆさのあまり寝られなくなるほどです。
私の経験上、放っておいて自然に治ることは一度もなかったので、肌に異常が見られたらすぐ皮膚科に行くようにしています。
皮膚科で処方してもらった軟膏を塗ると数日後には良くなります。もともと、ヨモギやブタクサなどの花粉症持ちなので、花粉症が原因で肌に影響が出ているようです。
体調に関しても同様に、季節の変わり目になると、花粉症やアレルギーが原因でアレルギー性気管支炎になります。最初は風邪のような症状で、のどの痛みを感じて市販の風邪薬を飲んで様子を見るのですが、結局どんどん悪化してしまいます。のどの痛みから咳が止まらなくなって、病院に行き喘息の薬を処方してもらってやっと良くなるという感じです。一度こじらせてしまうと、完治までかなり時間がかかります。
季節の変わり目に、肌や体調に少しでも異常を感じたらすぐに病院に行くのが一番良い対処法だと思います。"

肌の負担を減らすなら化粧品の成分をしっかり見る事が大事

"化粧品には多くの種類があるのですが、中には確実にお肌に負担をかけてしまうような成分が入っているのも事実です。
お肌のためにと毎日使っていても、知らず知らずの間に肌に蓄積されてしまい、結果アレルギーや肌荒れとなって現れてきてしまう事もあります。

私も以前はかなり肌が強かった事もあり、成分を気にせずに値段やスキンケア効果だけを重視して使っていました。

ところがある日を境に肌荒れがかなり深刻になってしまい、慌てて皮膚科に行って見たところ、化粧品の刺激も肌に負担を与えているとの事でした。

思えば化粧品の成分をしっかりチェックした事は無かったのですが、それ以来成分はきちんと確認をしてから購入するようになりました。

やはり肌には優しい成分を使ったものでお手入れすることが大事なのですが、オーガニックや自然派化粧品を使うようになってからは、以前のようなひどい肌荒れに悩まされる事は少なくなりました。

肌自体が強くなったと実感しているのですが、食べ物と同様にお肌にも良い物を与える事が大切です。"