目の色が違うだけで相手から見ると幻想的でとてもかっこいいですよね。片方ずつ違う色にしても面白いですしね。まぁ、あまりいませんが(笑)

メガネの発展について

メガネは近視、遠視、乱視など、視力に何らかの異常がある人とって欠かせないものであります。メガネの歴史は、13世紀頃にイタリアで発明されたと言われています。そこから、視力に異常がある人に愛用されてきたわけです。一昔前までは、メガネを掛ける人は、目に異常がある人のみであり、うざったいもので、メガネを掛けたいという人は、なかなかいなかったと思います。現在では、メガネはおしゃれアイテムとしても愛用されるようになり、目に異常がある人だけでなく、レンズに度を入れないで、目に異常がない人も使用するようになりました。メガネの種類についても、さまざまなものが販売されるようになりました。フレームの形、色の種類も豊富にあり、レンズについても、通常の透明のものからサングラスまであります。ブランド品もあります。最近では、寝たままでテレビを見ることができるメガネまであるほどです。価格についても、一昔前までは比較的高級なものでありましたが、最近では量産されるようになり、低価格なものも販売されるようになりました。みなさんも、おしゃれアイテムとして、メガネを使用してみては如何でしょうか。