目の色が違うだけで相手から見ると幻想的でとてもかっこいいですよね。片方ずつ違う色にしても面白いですしね。まぁ、あまりいませんが(笑)

メガネと鼻筋の関係

"今はお手頃な価格で購入できる店もたくさんあるので
目の悪い人も、悪くない人も
いくつかメガネを持っているのではないでしょうか。

私は強度近視、と言えるほど目が悪いので
メガネとのお付き合いは古いです。
小学校3年生頃でしたか、黒板の字が見にくくなり
母とメガネ屋さんに行ったのが最初ですね。

当時はコンタクトレンズも一般的でなかったですし、
薄くなるタイプのレンズも出始めでまだ高価でした。
確か最初の頃はプラスチックレンズでなく、ガラスで。

年々視力が落ちて度が上がるにつれ
レンズはより分厚く、より重たくなっていき大変でした。
見た目もなのですがメガネが正しい位置でとまらないのです。
鼻筋の通った方にはわからないと思いますが、
いわゆるおばあちゃんの鼻メガネ的にずり落ちてしまって。
年頃の女子としては少々、切ない思いをしました。

その後はコンタクトに替えたので
あまりメガネを使うこともなくなったのですが
最近はまた度なしのメガネを楽しむようになりました。

良いですね、今のメガネは。
ネットで気軽に買えますし、フレームもレンズも本当に軽い。
特に調整してもらわずとも
万人向けにできているノーズパットのおかげで
鼻筋に難ありの私でも鼻メガネになることもありません。"